So-net無料ブログ作成
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain

今日またひき殺されそうになった! [blog]

自動車は便利な乗り物だと思う。
私は若いころから自動車が好きだ。
でも、自動車は時には凶器にもなり得る。

そんな危ない経験を今日もした。

毎日行き返りに通う駅に続く道の途中にT字路がある。
道幅は車が何とか辛うじて行き交う事が出来る位の道だから
道路幅は直線の広い方が多分6m位だと思う。
T字路にぶち当たる方はそれより狭いのは一目瞭然だ。

私は何十年も車に乗っている人間だから、
車の運転者にも色々なのがいる事はよく知っていると思う。

でも、こいつはホントに免許書を持っているのかなと
首をかしげるような運転をするマナーの悪いのに今夕出くわした。

そのT字路を直線でない狭い方から、一旦停止もすることなく
いきなり交差点に入って来た。
速度を落として徐行でもしていたなら、少しは大目にも見てやれるが
何とその交差点を侵入して、いきなり右に曲がってきて
その交差点横で待っていた私は、今にもひき殺されそうになった。

とっさの判断でその車を避け、危なく側溝に落ちそうになった。

私は、思わず怒鳴ったが、少し恐縮そうなそぶりは見せたものの
きちんと謝る事もなく、加害者はその場から逃げ去った。

その加害者の運転者は、やはり「女」だった。
その同じ交差点でも、他の大阪市内の大きな交差点でも、
何度も類似の事故未遂事件に巻き込まれた事があるが、
その加害者はすべて「女」だった。

なんで女は、あんな交通ルールを無視した「自分勝手な走り方」をするのか?

老人が事故を起こす可能性が高い事が言われているが、
危険なのは老人ばかりではない! 
特に「若い女の無謀運転」には、特段の用心が必要だ!

大阪市内では、同じ日に、
同じ広い大きな交差点で朝と晩二度もそんな経験もある。

今回の経験は同じ別の場所でのことだ。

警察は「若い女の無謀運転にも」気を付ける様にと
一般の人にも宣伝すべきだろう。

私の例のように、複数回共に「未遂」に終わっているので、
世間一般には分からず、経験者にしか分からないのだろう。






nice!(0)  コメント(0) 

日本人は物忘れが早い [blog]

日本人は物忘れが早い

そう言われるには、そうなる背景があるのだと思う。
田舎暮らしの場合は、経験がないのでどうなのか知らないが、
大都市で生活をしていると、生活環境の変化は目まぐるしい。

次々に日々新しい事が起こる。

今回の台風12号でやきもきしていたのは
27日(金)から29日(日)の未明まで。

28(土)は、大雨を警戒して出先から午後早めに帰宅した。 
でも、結局雨には合わず拍子抜け。

29(日)の未明になって、横殴りの強い雨に見舞われ、
普段はめったに閉めることの無い雨戸を慌てて閉めた。
でも、排水事情の良い我が家の近辺ではどの家庭も水害の心配はない。
裏山などもないので、土砂崩れの心配もない。
ただ強い風雨を凌いだだけで終った。

その日は朝から図書館に本を探しに行き、
その日の午後は、約束をしてあった半年に一度の車の検査に。

更に日が変わって今日になると、もう普段の生活に戻った。
朝から通常通り、仕事で家を出た。
もう、一昨夜の未明の台風の事も念頭にはない。
過ぎ去ってしまえば、もう忘却の彼方。

今週の予定や来週の予定でやるべき事に事欠かない日々がまた始まった。
過ぎ去ってしまえば、すべては一瞬の出来事。
振り返っている暇などまったく無い。
だから、次々と忘れてしまう。


nice!(0)  コメント(0) 

ベネズエラのハイパー・インフレ [世界は多様]

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33427580W8A720C1EAF000/?n_cid=NMAIL007

日本人の多くが経験した事の無いハイパー・インフレ。

デフレが続き、給料も物価も上がらない日本とは反対で、
なんと月に2倍のペースで物価が上昇しているとのこと。

例えば、先月1万円だった商品が、今月は2万円!
更に、来月には4万円になり、その翌月は8万円?
そんなこと、考えられない。

その「すざまじい」インフレの加速で、
年内には物価上昇率が100万%になる事が予想されるとか!

そのように、「想像を絶する経済の混乱」が起きているようだが、
我々非当事者には、その実感が伝わって来ない。

恐ろしい状況だと頭の中では想像は出来るが。

産油国でありながら、外貨不足で、
必要物資を十分に輸入出来ないとも書かれている。

「驚愕」と言うしかない。

nice!(0)  コメント(0) 

日本人が危機感を持たない事が不思議 [blog]

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33344290U8A720C1I10000/

日本が自分(自力)で危機管理をすべき事は、
何度も繰り返し言及してきたが、
多くの日本国民の間には、
そんな危機感は感じられない。

根拠のない平和ボケはそろそろ卒業すべきだ!!

日本人の悪い癖は、何事もすぐに忘れてしまう事。

あなたの記憶や認識の中から、それが消えさってしまっても、
危機の可能性が消滅した訳ではない。

これまでの諸々の報道を見る限り、
北朝鮮は核を放棄したという事実は見当たらない。
むしろ、北は「放棄しない」方の蓋然性が高い。

又、危機は北朝鮮からだけではない。

中国による日本への侵略のリスクの方が更に高い。

そうした現実から目をそむけている多くの日本人がいる。

事が現実に起きてからでは遅すぎる。
しっかりと我が国の国防が出来てこそ、安心が出来る。

日本の安全と国民の安寧は政権が担うべき責任。
なのに、多くの国民がその政権の責任履行の努力に竿をさしている今の現状。
愚かと言うしかない。



nice!(0)  コメント(0) 

鈴虫寺を訪問 [blog]


2018-07-08 (Sun)

あなたは「鈴虫寺」というお寺をご存じだろうか?

正式には「華厳寺」と言うらしいが、
「鈴虫寺」の名前の方がむしろふさわしいと思う。 

その理由は、そのお寺には、かなりの数の「鈴虫」が飼われているから。

普通、お寺は冷房などしていないと思うが、
この「鈴虫寺」のお部屋は冷房がされている。 

それは来客の為ではなく、住職曰く「鈴虫」の為だそうだ。

ここの住職、なかなか話が上手い!。 
人を笑わす話術にも長けている。 

多分30分位だったと思うが、
毎日何度も同じネタの話をしているのかも知れないけれど、
なかなか上手い。 

テレビに出てもいいくらいだと私には思えた。

お寺自体はあまり有名ではないとは思うが、
西芳寺(苔寺)のすぐそばにあるお寺だから、
苔寺に行ったついでに(と言えば失礼だが)立ち寄る事をお勧めする。

普通、他では出ないが、この鈴虫寺では
「寿々むし」と命名されたお菓子とお茶が出る。 

拝観料は500円だった。

ここのお地蔵様には、
一つだけ「お願い」をすることができる。 

そして、そのお地蔵さんが参拝者の家を一軒一軒訪問してくれるそうで、
お祈りをするときに住所と名前を
心の中でお地蔵さんに伝えるといいらしい。 

電話番号やemail addressなどはだめらしい。

まあ、楽しいお話をしてくれる住職だから、
私は「オススメ!」ですね。



nice!(0)  コメント(0) 

苔寺(西芳寺)のビデオ(第二部) [blog]

苔寺の庭
https://www.youtube.com/watch?v=JD6aAAnx2lI&feature=youtu.be
https://youtu.be/DF4ZyWXE8ak

苔寺の竹やぶ
https://www.youtube.com/watch?v=Z0H2E02ks64&feature=youtu.be

苔寺の裏庭
https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=yiYyIrhiIUQ


日本の静寂で閑寂の風情を現す「苔」をテーマにした苔寺。

一人静かにその苔のお庭を拝見すると、
日本人の落ち着いた文化の趣を感じ取る事ができる。

野蛮でもない、がさつともはかけ離れた、静寂そのものの世界。

日本人が愛し大切にするその静寂の世界には
普遍的な価値が見いだされる。




nice!(0)  コメント(0) 

日本人を勇気ずけてくれるこの(空)の記事 [blog]

http://www.msn.com/ja-jp/news/money/%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%ab%e6%97%a5%e3%81%ae%e7%9b%ae%e8%a6%8b%e3%81%9f%e4%b8%96%e7%95%8c%e6%9c%80%e9%ab%98%e6%b0%b4%e6%ba%96%e3%81%ae%e5%9b%bd%e7%94%a3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%b3/ar-AAzZrBA?ocid=oa-cinqueter014#page=2

ついにここまで来たか!

日本の自動車産業(陸上)が世界を席巻し、
潜水艦(海中)の分野でも日本はかなりのものだと聞くが、
今度は、(空)の分野でも、日本が世界に躍り出ようとしている!

このきらきらと輝くNEWSを読み、
日本人として嬉しくなる。

そして、日本人に生まれて、ホントに良かったな~と思う。

上記の記事、噛みしめて読んで欲しいと思う。




タグ:日本の誇り
nice!(1)  コメント(0) 

中国の本質を解説するこの記事 [blog]

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e3%81%aa%e3%81%9c%e9%87%91%e6%ad%a3%e6%81%a9%e3%81%af%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%82%92%e5%8d%83%e5%b9%b4%e3%81%ae%e5%ae%bf%e6%95%b5%e3%81%a8%e5%91%bc%e3%81%b6%e3%81%8b/ar-AAA05Pv?ocid=oa-cinqueter014#page=2

「秀吉出兵」時に朝鮮王朝が味わった、
当時の宗主国・明による血も涙もない「属国扱い」の記憶。

「依存」と「不信」の交錯した北朝鮮の中国に対して抱く感情。

明は援軍=派遣軍の兵糧の負担は朝鮮側持ちという歴史。

明軍は兵糧調達と称して、「現地で手当たり次第の略奪に出た」という歴史。

中国からどんな仕打ちを受けようとも、ひたすら我慢し、中国に依存した歴史。

「依存せざるを得ないが、信用はできない。」
「朝鮮にとって中国とは、大昔からそういう存在だったのです」という解説。

「アメリカを利用して中国の介入をコントロールするという
絶妙なバランスを取ることに、北朝鮮は成功しています」という解説。
例え独裁国家と言えども、国政を預かる金正恩の手腕には、
目を見張るものがあります!

その点、日本の政治家各氏のご活躍の程はどうなんでしょうか?

歴史的に見て、世界に日本国民の血税をばら撒く事にしか関心がないような気がしてなりません。

その点、トランプ氏のAmerica First ! の方が、国益の保護という観点からは
その基本姿勢は的を得ている様に感じます。 ただ、よく分からなくて結果的には
米国の国益に反する事をやっていることもあるようですが。。。。。

国民が主権の日本国ですから、国民自体の総体が賢くならなければ
日本の政治家が出来る事にはおのずと限界があるのでしょう。

属国化を嫌う北朝鮮とは異なり、日本は戦後72年も経過しているにも関わらず
未だに米国の「属国的な地位」に甘んじていると言われても仕方のない状況です。
独立国の第一の条件である「国防を自国でやる」事さえも出来ていない状況。
その主たる原因は、未だに多くの日本人が抱く「平和に対する妄想」でしょう。

それは「あり得ない事」を明記している日本国憲法の前文に如実に表されています。

日本を取り巻く環境は、すぐにでも対処しなければならない「外敵の存在」があります。
なのに、当てにもならない米国の「核の傘」に過大に期待している事実があります。
平和の確保を他国に依存する政策は、即刻改める必要があります。


nice!(0)  コメント(0) 

西芳寺(苔寺)訪問 2018/07/08 10:00am [blog]

西芳寺(苔寺)訪問 2018/7/8 10:00
https://www.youtube.com/watch?v=kTTjZGCGIPc&feature=youtu.be

西芳寺から届いた予約の往復はがきを片手に、
この日この時間丁度にこのお寺を訪れた。 

ほとんどの人々は、予約時間より早く来ていたみたいで、
私は一番最後の受付だった模様。

梅田で阪急京都線の9時発の特急河原町行きに飛び乗り、
約35分で途中の乗換駅の桂駅に到着。
そこで阪急嵐山線に乗り換え、約2分で一つ目の上桂駅で下車。
そこからは徒歩で1.4km歩いた。 

上桂駅の駅員の方に行き方を尋ねると、
「浄住寺~松尾大社ルートマップ」という地図の印刷物をもらった。 

上桂駅から西芳寺への道のりは簡単だった。

西芳寺の入口には往復はがきを持ってきたか否かのチェックがあり、
中に入れてもらって受付で一人3,000円の拝観料を払い、
魔訶般若波羅蜜多心経の書かれた紙と
座禅和讃の書かれた紙と
西芳寺庭園案内図と
願い事を書く為の細長い板をもらった。

本堂の場内ではすでに般若心経の朗読が行われていた。
「観自在菩薩行深般若波羅蜜多。。。」 

日本観光ブームを反映してか、外国人の参加者も多く目についた。

頂いた細長い板には、表の下部に西芳寺の朱印が押されており、
その上の箇所に自分の願い事を一つ書き、
裏には住所と名前を書く様に言われた。 

私は「家内安全」と墨と筆で書いた。 

そのお祈り札を提出してお祈りをして儀式は終わった。 

その後、その日のメイン・イベントである、「苔の庭」の拝観。

僧侶の一人が庭園を入ってすぐの所にある観音堂の前で
苔の種類や庭園の説明をしてくれた」。 
https://www.youtube.com/watch?v=u4o7NyxaBN4

案内図には、この西芳寺は聖徳太子が創業と説明がある。
そして、世界文化遺産であり特別名勝及び史跡と書かれている。

庭の様子は、言葉では説明が出来ない。 
かかるビデオでその様子をご覧頂きたい。
https://www.youtube.com/watch?v=PWTJBMkia1k
https://www.youtube.com/watch?v=ccu7ykRs6eE&feature=youtu.be


そして、機会があれば、一度は現地を訪問される事をお勧めする。

〒615-8286 京都市西京区松尾神ケ谷町56
西芳寺 075-391-3631









nice!(0)  コメント(0) 

やっぱり、そうですか! [blog]

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e9%87%91%e6%ad%a3%e6%81%a9%e3%81%8c%e5%bc%b1%e8%85%b0%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%91%e3%81%93%e3%82%80%e3%80%81%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%81%ba%e3%82%aa%e8%a8%aa%e6%9c%9d%e3%81%a7%e9%9c%b2%e5%91%88%e3%81%97%e3%81%9f%e6%a7%8b%e5%9b%b3/ar-AAzSUmG?ocid=oa-cinqueter014#page=2


やっぱり、そうですか!

北朝鮮が核やミサイルを放棄するなど「あり得ない」と
最初からそう思っていましたが。。。。

やっぱり、そうなんですね~

あの国は、いわば「タカリ屋」国家。
他国から、ゆすり取る事しか眼中にない!

そんな印象をまた改めて認識を新たにしました。

だから、ゆすり取る為には、実行をする気のない約束も平気でする。

あの国では、多分、「約束は破るべきもの」であり、、
「約束を履行する」なんて「あり得ない」のでしょう。

そんな国と話をすること自体が間違っている。
どのように交渉しても、守らない約束しかしない相手とは、
話すこと自体が全くの「無意味」だと、よく分かりました。

そういう事情だと、真面に相手にしても意味がない。

後は、あらゆる選択肢の中の、
問題解決を「可能にする切り札」しかないようにしか思えない。

あなたはどうおもいます?



nice!(0)  コメント(0)