So-net無料ブログ作成
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain

外交交渉に武力が必要 [blog]

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53153410Q9A211C1000000/?n_cid=NMAIL007_20191210_H

外交交渉に武力が必要なことを端的に表している事例。

日本も本気で外交交渉をする気なら、
武力の充実を図らねば。

日本には、本気で外交交渉をすべき問題点がある。
北方領土問題、
尖閣の問題、
竹島の問題

北方四島の返還問題は、もう何年交渉してきている!?
ず~と全く成功しないのは、時間の浪費、お金の浪費、人材消耗の浪費。
これまでの長年の我が国の在り方が解決策に近ずけない原因。
国を変えなければ、この先何年やっても帰って来ない。
国民の税金をなんと心得ているのか?
無駄な浪費を許すための税金ではない。

仮に、金正恩が日本の大統領なら、
彼ならば日本を変えてくれるかもしれない。
日本には、そんな気骨のある指導者がいないのか?
憲法改正さえもままならない。

尖閣には日々、中国の公船が押しかけて来ている。
なんでそんなことを黙認するのか?
海上保安庁は自己の職務規定でできる範囲内で
全力で頑張っておられると思う。

でも、我が国の体制が、保安庁の手足を縛っているため、
何もできないというのが実情だろう。
日本の憲法が日本を守れるものになっていない。
だけど国民はそれでよしとしている。
少なくとも半分近くの日本国民には
危機感など全くないとしか思えない。

日本は何の手出しもできないので、
中国の公船は大挙して堂々とやってくる。

韓国に実行支配されている竹島にしてもしかり。
なぜ追い払わないのか、理解不能。

一つ言えることは、今のままでは、国防に関しては、
どの国が相手でも、我が国が成果の出せる外交はできない。

拉致被害者が帰って来ないのは、
日本が国としての責任で、国民の安寧を確保できていない実例。
国民を拉致されて、取り戻せないのは、
我が国に外交能力がないから。
つまり対外的にものを言う軍備力がないからだ。

自分から戦争をしないのは当然だが、
国と国民の安全を脅かされても、何もしない日本の状況。
自力での国防を許さない今の日本の憲法。
それを有難がっている半分近くの国民。
「愚か」としか言いようがない。

対外的に金を出すだけで何も得られなかった日本。
もうそろそろまともな国にしたいもの。
北朝鮮みたいな小国でも、あれだけ頑張っている。
国を変えれば、頑張ることはできる筈だ!



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント